マッカーサーの告白

■  マッカーサーの告白

原爆の話を調べてみると、
日本への原爆投下は必要性があったのか?とか、
被爆者の詳細な観察のための病院とか、
訳の分からない話が沢山出て来る。
そんな中で出ていた話がコレだ。

● マッカーサーの告白
日本は自衛戦争をしたのです。
東京裁判は誤り 1951年5月3日 アメリカ上院軍事外交合同委員会の公聴会にて Ver 2

※ 世界から絶賛かどうかは、さておいてある意味真実でしょうね。

● 以下、関連情報

恥ずべき最後通牒ハル・ノート】への批判ハミルトン・フィッシュ

● 広島・長崎に原爆を落した本当の訳

 

● ルーズベルトは知っていた。

● 映画「終戦のエンペラー」は観ましたか?
日本ではタブーなので語られることのない問題を描いた映画です。
僕は知らないことだらけで衝撃を受けました。
でも、3割くらいの恋愛部分は全く邪魔ですけどね。

終戦のエンペラー

●「終戦のエンペラー」に「タブーに挑んだ労作」と評価する声も
ハフポストのブロガーはどう見たか?

http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/13/emperormovie_n_3747811.html

504 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)