128pのクルマを大丸で売っていた。^^;

■  KO7

KEN OKUYAMA DESIGNとタグ・ホイヤーのコラボしたクルマを八重洲大丸で売っていた。

これが何と、Ge3値128pなのだ。
オート・クチュールとは云えこのレベルのクルマが作れるんだなぁ…

この手の倶楽部員のクルマをUPすると「速そう!」とか「何処で走るの?」なんて声をよく聞くが、
勘違いしてると思う。

TSUTAYAまで乗っただけでも萌えるんだよぁ…(笑)

オーディオでも同じで、こんなスピーカーで何を聞くの?とか聞かれても…
ユウミンでも萌える」とはなかなか言えないのと同じだw ^^;

車名
KEN OKUYAMA DESIGN「K.O 7(ケーオーセブン)」
ボディサイズ[mm](全長×全幅×全高)
3635x1850x1100mm
車両重量[kg]
750kg
総排気量[cc]
2000cc
エンジン
水冷直列4気筒DOHC(横置きミッドシップマウント)
最高出力[ps(kw)/rpm]
200~240ps/8300rpm
最大トルク[kg-m(N・m)/rpm]
21kg-m/7000rpm
トランスミッション
6速MT
サスペンション形式
前後:ダブルウイッシュボーン
定員[人]
2人
消費税込価格[万円]
1950.0万円~
受注開始日時
2008年11月1日午前0時~(日本時間)
レポート
CORISM編集部 徳田 透
写真
KEN OKUYAMA DESIGN・CORISM編集部
744 views

3 thoughts on “128pのクルマを大丸で売っていた。^^;

  1. >TSUTAYAまで乗っただけでも萌えるんだよぁ…(笑)

    良い車は100m走るだけでも楽しいですよね(^^)
    さすがに手の届くお値段ではないですが・・・

    個人的にはスズキの軽自動車のエンジンを載せたスーパー7が気になっています。

    http://matome.naver.jp/odai/2138072621204058001

    車両重量490kgですと!
    エンジンの軽い分バランスも良さそう。
    できれば軽規格でまとめた日本仕様でなく80PSの英国仕様で乗りたいところです。

    1. オリジナルのKO7は124.7pzだったので、
      あまり気にして無かったのですが、 これは凄いと思いましたよ。^^; 

      スズキのスーパー7も気になりますね。
      Ge3値は125.9pzなので良さ気ですよ。
      HONDAの軽のオープンも気になるところですが… 
      形が今風すぎて 、Ge3値も124.5pzと悪くはないというところですなぁ…

  2. カッチョエエ〜!けど、こんなのTSUTAYAに停まってたらビビります(笑)
    TSUTAYAまで乗っただけで萌える、ユーミンでも萌える、がツボでした。なるほど…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)