FOSTEX FE168EΣ 124.8pz

 FOSTEX FE168EΣ 

逆ホーンにお薦めのユニットです。
げげげチューンで更に大化けする可能性が大きいユニットを紹介します。

このユニットの最大の特徴は強靭なコーンとエッジだ。
素材に頼った強さではなく理屈で得ているのが素晴らしい。
伝統的な紙コーンゆえの素直な響きも少ない。

従来の紙コーンと紙エッジの性能を100pとすると…  
紙コーンの強度 118p
紙エッジの可動域の広さ 116p

この2つがハイスピードとリニアリティーを両立を可能とした要因だろう。
多少、高域が多い目かもしれないが、イコライザーか何かで調整すれば済むことだろう。
無調整でバランスの良さをも続向きには残念ながらお勧めできない。
本当に残念だ。

■ コイズミ無線さんところの情報

【16㎝HP形フルレンジスピーカー】

高剛性/低歪みHP振動板を採用。
バックロードホーン向き16cmフルレンジ。ハイスピードかつ高能率なスピーカー。
長岡式モアイなどのバスレフとしてもお使いいただけます。

インピーダンス……8Ω
再生周波数帯域……51Hz~21kHz
出力音圧レベル……94.5dB
Qo/mo ………………0.26/8.7g
入力…………………80W
バッフル開口径……151φmm
重量……………………2.6㎏

■ 特徴

振動系が軽く、コーンの強度も高いのでハイスピードな音である。
特にボーカルの再現性は高く中音域も超広域も問題ない。
叩く音も擦る音も得意だ。
独特のハイ上がりの音が特徴だが、好みのバランスに合わせても何の問題も無い。
トーンコントロール的なモノを毛嫌いする向きが多いが、既に全てのソースは間違いなく調整済みである。
トーン
コントロールを通すと音が悪くなると云うのは装置が古過ぎるか都市伝説に過ぎない。
パワーは入るし能率も高いので大音量派でも大丈夫だ。

■ Ge3チューンで大化けするGe3値

 

 箱の適正Ge3値  
  逆ホーン

 124.8pz

 AS方式  124.4pz

 

総合Ge3値 124.8pz
周波数特性 128.3pz
能率 126.5pz
位相特性 128.3pz
インパルス性能 128.3pz
ダイナミックレンジ 128.6pz
音量 128.3pz
フォーカス特性 128.9pz
鬼太鼓座座 122.5pz
ボーカル 129.5pz
バイオリン 128.4pz
ピアノ 129.5pz
ガムラン 129.9pz

■ Ge3チューン後のGe3値

ノーマル 124.8pz
黒アゲハ 128.8pz
ヒグラシ 133.6pz
フレーム補強 136.3pz
けぶたフェルト 139.7pz
もあれ 144.5pz
もあれプラチナ+ 149.5pz
自立柱 154.8pz
超結界機器用 156.3pz
トルネード1 159.3pz
トルネード3 163.9pz
ケブタエッジ 167.8pz

2013/12/25 けぶたフェルト 追加

 

1,017

2 thoughts on “FOSTEX FE168EΣ 124.8pz

  1. これはちょっと惹かれるものがありますね。ヴァイオリンGe3値が高いのが意外です。

    鬼太鼓座Ge3値が低いのは、それだけ再生が難しいということでしょうか?

  2. バイオリンが得意なユニットはボーカルも得意な傾向があるようです。
    鬼太鼓座座Ge3値がそれ程では無いのは、単に低域の限界だと思います。^^;

    このユニットだけで上から下までの再生は難しいでみたいす。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)