Brita 浄水器

■Brita 浄水器

 

Britaの浄水器です。

Ge3値

122.9p クラス
117.7p 絶対

通販で 3,000円くらいです。

Web上でしつこく調べましたが、このBuritaの浄水器が他の高価な浄水器よりもGe3値が良いです。
何で?  コネクリが関係しているのかな ?
高価で高性能な浄水器よりも安価で手軽で適当な性能の浄水器の方が実用的な意味ではGe3値が高いようです。
その理由はフィルターの価格でしょう。
高性能な浄水性能よりも頻繁に適度な性能のモノを交換する方がGe3値が高くなる事が多いみたいです。
手頃な価格には浸透膜を応用したモノもありますが、Ge3値的にはイマイチみたいです。

要は無駄にコネクリっても意味が無いという訳です。

今、我々我が直面している放射性物質とは爆発で散った粉塵です。
つまり埃です。埃が取れる機能があれば良い訳です。
市販の浄化器で埃が取れないものは無いので、殆んどの製品は合格です。
次に問題なのは放射性物質が溶け込んでいる場合です。
これは難しい問題です。
本当に難しい問題なので政府が困っている程なのです。
浸透膜式のモノには放射能を除去出来るモノもあるようですが、今度はフィルターの交換の問題があります。
たとえ出来たとしても、放射線は内部にある訳なのでどうするのでしょうね。

福島原発の側近の地域の方は水道の水も心配でしょう。
でも、それ以外の地域の水道水は安全だと考えても良いでしょう。
浄水場から出る排斥土砂は危険かも知れませんが、浄水された水は大丈夫です。
同様に高価な浄水器を使っても、そのフィルターが心配です。
高性能なフルターを長く使うよりも頻繁に交換する方が安全なのです。
不用なコネクリよりも簡単で新しいフィルターを使う方がGe3値も高い訳です。

これなら簡単ですね。\(^-^)/


345 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)