粟国(あぐに)の塩

■ 粟国(あぐに)の塩

 

通販で500g 1200円くらいかな・・・
250g入りもあるよ。

 

126.9p 釜炊きのGe3値
127.8p 天日のGe3値

どうも本店のサイトは閉鎖中みたい。

参考になる情報はココにもある

驚くほどの高Ge3値であるよ。 \(^-^)/

NHKの朝のワイドSHOWで知りました。
Ge3値があまりにも高いのでびっくりした塩です。

何でも個人的に研究されて出来た製法で作った塩だそうです。
沖縄県の粟国島で作られています。
綺麗な海水を得るために各地を巡り歩いて、
開発が進んでいないこの島に支援者の強力を得て製塩所を作ったようです。

海水の濃縮は風を使って・・・
製塩には薪で焚くのだそうで・・・
何から何までGe3的に見ても理にかなっているのです。 不思議だ。 Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

考えてこの方法にたどり着いたとすれば、ずば抜けて感度が高いのでしょう。 m(_ _)m
上と繋がっているとしか考えられないけど。 (笑)
そんな人が居てるのでしょうなぁ・・・

■原材料:海水
■メーカー:沖縄海塩研究所
★粟国島周辺にはきれいな透明度の高い海があり、粟国の塩は、この海水100%を原料にしています。
★風と太陽熱の恵みを利用して7日間、昼夜休みなく水分を蒸発させた後耐久ガラスを用いた温室の中で太陽熱だけを使い
ゆっくりと20日間かけて結晶させて脱水槽で4日乾燥に3日間、34日かけて生まれる天然の塩です。
★後を引かない塩辛さで、甘みがあり、お料理に使うと素材の味がひきたちます。
★色は少し、黄色がかっており、少ししっとりとしています。
ニガリ(ミネラル)が豊富で、そのミネラルが空気中の水分を吸収するのです。
微量なミネラル分が豊富な粟国の塩を毎日のお料理に使い続けることで、健康増進のお手伝いができます。

545

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)