Pioneer Bluetooth/USB/チューナーメインユニット MVH-5200

■  Pioneer USB メインユニット MVH-5200

どうしても屋根のあるクルマが必要になったので、
古い古いBMWのワゴンを手に入れた。
普段、家では市野式の音を聴いてると、
クルマの音には頓着しなくなってしまった。

なのでカーオーディオはコレにした。^^;
これだけで、50 W × 4 ch/のAMPとチューナーが内蔵されているのだ。
音源にはスマートフォンやUSBメモリーを直接繋いで使うコトができる。
CDはもう要らない訳だ。(T_T)
Bluetoothも付いているのでハンズフリーの電話もOKだ。
これで1万円程なんだから、メーカさんもやってられないね。

それにしても視認性が悪いデザインだと思う。
何が何んだか僕には、さっぱり理解できない。(T_T)

■  商品の説明
革新のインターフェースを手軽に楽しむ、カーオーディオの新しいカタチ

◆革新のインターフェース「マルチディスプレイモード」に対応スマートフォンがカーオーディオのディスプレイに変貌する、新しいインターフェース「マルチディスプレイモード」に対応。お手持ちのスマホに専用アプリをインストールするだけで、楽曲情報やジャケット写真などをスマホ画面に映し出すことができ、選曲やシャッフルなどの本体操作も自在に可能。スマートフォンと連携させることでオーディオをさらに快適に使用することができます。
◆iPhone、Androidをはじめ、幅広いメディアフォーマットに対応フロントUSB入力端子を装備することでiPhone/iPodやUSBデバイス、Androidスマートフォンを接続できます。また接続中のデバイスの1A給電にも対応しています。
◆Bluetooth接続でハンズフリー通話も音楽もBluetoothを搭載することで、AVプロファイルに対応したスマートフォンや携帯オーディオプレイヤーなどの楽曲再生や、運転中のハンズフリー通話などドライブをより快適に、且つ安心して楽しむことができます。
◆多彩な機能を搭載し、音楽性豊かな高音質再生を実施曲と曲を多彩なエフェクトで繋いでノンストップミックス再生を行える「MIXTRAX EZ」機能を搭載。圧縮フォーマットにデジタル処理を加えることで圧縮時に失われてしまった音を補間する独自の音質補正する「アドバンスド・サウンドレトリバー」

■  Transcend USBメモリ 32GB USB 3.0 スライド式  TS32GJF790KE 

USB Playerに使うUSBメモリーはUSB3対応が、お薦めだ!

オーディオ的にはUSB3の性能は不要なのだが、PCで書き込む時の速さが全く違うのだ。

それと写真のようなスライド式の方がクルマでの使用には便利だ。
車内でキャップを探すのは大変だw。

896

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)