CHORD CodeX 126.3/139.2pz(チューン後)

■  CHORD CodeX 

CHORDの「リファレンスシリーズ」に続く「Choralシリーズ」のネットワークプレイヤーだ。
一見、パクトなので油断してしまいそうだが、価格も80万円と性能も半端ではない。
このクラスのNetPlayerが組み込まれたAMPが出来ると凄いだろうね。

¥800,000(税抜)
発売:2013年11月22日
5.6MHz DSD対応のUSB入力搭載ネットワークプレーヤー

【SPEC】
●S/N比:>115dB 
●ダイナミックレンジ:118dB 
●デジタル入力:USB×1、RJ45イーサネット×1、同軸BNC×1 
●アナログ出力:バランス×1、アンバランス×1 
●デジタル出力:BNC×1 
●消費電力:20W 
●外形寸法:338W×145H×60Dmm 
●質量:7kg

CHORDから待望のミドルレンジ・ネットワークプレイヤー誕生

2013年10月に発売されたリファレンスシリーズ・ネットワークプレイヤーDSX1000に続き、CHORDの代表的製品QBD76HDSDが属する小型ハイエンド・ラインアップ「Choral(コーラル)シリーズ」に、ハイパフォーマンス・ネットワークプレイヤーCodeX(コーデックス)新たに加わりました。

 

■ メーカの情報
Choralシリーズに共通する丸みを帯びたアルミ削り出しの堅牢な筐体に、PCM384kHz/DSD128対応のUSB DAC「QuteEX」の心臓部を搭載。
汎用チップセットを採用せず、書き換え可能なFPGA(フィールドプログラマブルゲートアレイ)に独自アルゴリズムをプログラミング。
ディジタルデータデコーディング/クロッキング/WTAフィルタリング/第5世代パルスアレイDACの制御を一つのチップだけで行うという究めて洗練されたアルゴリズムは、CHORDの擁する鬼才ロバート・ワッツのデジタル回路設計によるものです。

デジタル入力にはネットワーク(RJ45イーサネット端子)とUSB(B端子)、S/PDIF(同軸BNC)を搭載。ネットワーク再生では最大192kHz/24bit、DSD64に対応し、USB接続では384kHz/24bit、DSD128へと対応いたしました。

製品仕様

ハーモニックディストーション    < -103dB(1kHz、24bit@44.1kHz)
S/N 比    > 115dB
ダイナミックレンジ    118dB
ディジタル入力    1 x RJ45 100 base T Ethernet
1 x USB B端子
1 x 75Ω S/PDIF (BNC)
アナログ出力    1ペア x バランス(XLR)アンバランス(RCA)
ディジタル出力    1 x 75Ω S/PDIF (BNC、イーサネット入力に対して)
対応入力サンプルレート    44.1〜192kHz,DSD64(イーサネット入力)
444.1〜384kHz, DSD128 (USB入力)
44.1〜192kHz(BNC入力)
消費電力    20W
電源電圧    85 〜 270V AC (50-60Hz)
重量    7kg
サイズ    W338 x D60 x H145mm
リモートコントローラー、LANケーブル
USBケーブル、ACケーブル

571 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)