OPPO OPP-PM1 平面磁界駆動型ヘッドホン 136.8pz

■  OPPO OPP-PM1 平面磁界駆動型ヘッドホン

 

OPPOの新しい平面駆動型のヘッドフォンである。
高価なヘッドフォンが普通になって来たので、さして驚かないが、
16万円もするヘッドフォンである。
バランス接続で聞くと普通に次元の違う音が聴こえてしまう。
コンデンサー型でしか、あの透明感は出せないと思っていた音をあっさり超えている。
コンデンサー型にはコイツの次元を更に超えて欲しいものだ。
参った! m(_ _)m

アマゾンで ¥ 156,600 くらい…2014/07/09

ユニット形式:平面磁界型、ユニット外径:85 x 69 mm (楕円形状)、磁気回路:ネオジウム・プッシュプル
周波数特性:10 – 50,000 Hz、連続最大入力:500 mW (IEC 60268-7準拠)、瞬間最大入力:2 W、形式:オープン型
カップリング方式:耳覆い方式、定格インピーダンス:32 Ω、音圧レベル:102 dB /1 mW、側圧:5 N
付属ケーブル:OCC ケーブル (6.35 mm標準ジャック/着脱式)OFC ケーブル (3.5 mmミニジャック/着脱式)
ケーブルコネクター:出力側: 2.5 mm モノラルミニジャック入力側: 6.35 mm ステレオ標準ジャック,3.5 mm ステレオミニジャック、重量:395g(ケーブルを除く)、付属品:ベロア地製イヤーパッド,キャリングケース,ユーザーマニュアル
› もっと見る

■  メーカーさんの話

新世代平面磁界型ヘッドホンの産声

OPPO PM-1 平面磁界型ヘッドホンは,従来の平面磁界型とは全く異なる設計手法によって開発されました。PM-1は,自然かつダイナミックで魅力溢れる音質とともに卓越した快適性と軽量さを特長としています。PM-1は,オーディオ・音響工学,化学,材料工学の専門家でありオーディオ愛好家でもあるメンバーで構成された開発チームが,長期間にわたり情熱的に研究開発を続けた成果です。独自の7層構造振動板,両面スパイラル・コイル,有限要素法で最適設計された磁気回路など数多くのブレークスルー技術がPM-1に投入されています。

メーカーさんのページ

http://www.oppodigital.jp/products/headphone/pm-1/

814

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)