3DのCADの実力

■  3DのCADの実力

使えそうな3DのCADを探していて見つけた動画です。
製作方法がよく判ります。
基本はコツコツなんですね。
2010年にはFreeでここまで出来ていたそうです。
2014年マイケル・ジャクソンが3Dでコンサートしてても普通ですw。

あのドラえもんの3D映画って何なのでしょうね。
ああいうのを作りたかったというコト?

Freeなので誰か挑戦してみては? ^^;

 

519 views

2 thoughts on “3DのCADの実力

  1. Blenderは正確な寸法や曲面の厳密な曲率の指定などが行えないため、
    物作りのためのCADというよりはCGアニメーション作成のツールという位置付けだと思います。

    無料なのに機能的には10万以下の3DCGソフトの大半を駆逐しそうなくらい充実していて
    ハイエンドCGソフトと比べても3世代前までの機能は大抵入っていると言える素晴らしいソフトです。
    昔、年賀状用のCGをこしらえるのに使っていました。
    入門時や他のCGソフトから移行するには慣れが必要ではあるものの、趣味で3DCGを楽しむには
    資料や公開されたデータも豊富にあるので適していると思います。

    背景となる自然風景を作るだけなら、Terragenというツールのフリー版もなかなか
    お手軽な割りにキレイな出力をしてくれるのでお勧めです。
     http://planetside.co.uk/products/terragen3

  2. ノーチラスみたいな逆ホーンの図面を作りたくて3DCADを探しています。
    正確な寸法を入れなくても作れれば良いのですが、
    逆に図面に出力はできないのかなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)