「ジャパン・コンテンツとしてのコンテンポラリー・アート─ジャパニーズ・ネオ・ポップ・リヴィジテッド」オープニング映像

■ 「ジャパン・コンテンツとしてのコンテンポラリー・アート─ジャパニーズ・ネオ・ポップ・リヴィジテッド」オープニング映像

ヤバイよ、震える!
ピカソやウォーホル達が夜な夜な集まっては駄弁っていたのも、こんな感じだったんだろうね。

「ジャパン・コンテンツとしてのコンテンポラリー・アート ―― ジャパニーズ・ネオ・ポップ・リヴィジテッド」のまとめ – Togetterまとめ : http://togetter.com/li/631651

 

 

459

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)