Pioneer AVアンプ SC-LX87 125.6/149.8pz

■ Pioneer AVアンプ SC-LX87

パイオニアさんのAV AMPの中でも一番高価なAMPだ。
しかも7.1ch対応のすべてがでじたるAMPだ。
デジタルの方が音が良いと確信して作られたAMPな訳だ。
その分、気合いが入っている。Ge3のチューニングにも上手く追従するようだ。
部品が真面目に選ばれている証拠だ。
しかし、基板を補強すると伸びが大きい。
このクラスだとガラスエポキシが使われていると思われるが、
それでもこのパワーには足りないということだろう。
当然
DSDネイティブ再生対応している。
アマゾンでも約24万円と立派な良い値段だ。
本格的にAVも追求したいと思っている人には薦めだ。

イェー

■ 音源によるGe3値 ノーマル

124.9pz WAV
118.5pz Appleロスレス
127.7pz AIFF 192kHz/24bit
129.6pz DSD
123.6pz DVDサラウンド

チューニングでのGe3値の変化

総合Ge3値 DSP プリ パワー NetPlayer  
125.6pz 123.8pz 124.6pz 124.5pz 125.6pz ノーマル
128.8pz 127.9pz 126.6pz 126.3pz 125.3pz 要石25
129.7pz 129.6pz 126.9pz 126.7pz 125.7pz 大地6
131.6pz 130.3pz 131.2pz 131.2pz 131.4pz 雲泥
133.3pz 133.8pz 133.5pz 133.4pz 133.8pz テレ・サテン
136.3pz 134.3pz 134.5pz 135.8pz 135.5pz 地球独楽
138.6pz 138.3pz 138.8pz 138.9pz 139.5pz トルネード1
141.3pz 141.6pz 141.9pz 142.3pz 141.9pz トルネード3
144.8pz 144.6pz 144.8pz 144.9pz 144.9pz もあれP+
149.8pz 148.4pz 148.1pz 148.2pz 148.9pz 大黒アゲハ※

※大黒アゲハは基板の補強に使用

■ 仕 様 

商品紹介

"【SC-LX87の主な仕様】"
"ダイレクトエナジー HD 9ch 250W/ch (4ohm/1kHz) 810 W(1 kHz、T.H.D. 1.0 %、8 Ω、9ch同時駆動時)"
"Air Studios ■ THX Ultra2 Plus ■ dts Neo:X"
"HDMI 9(8+1)in / 3 out (HDZONE out) "
"4Kパススルー (24p/30p) "
"4Kアップスケーリング (24p/30p) "
"ESS-SABRE32 Ultra DACを全チャンネルに採用"
"Hi-bit32 Audio Processing & Digital Filter"
"MHL for Android "
" Audio Scaler 192/32"
"AirPlay/DLNA 1.5/ Windows8 認証 "
"インターネットラジオ(vTuner) "
"USB-DAC (192/32 DoP DSDネイティブ再生対応)
■ ギャップレス再生 "
"DSDダイレクト再生 5.6MHz(USB入力)"
"FLAC/WAV/ AIFF 192kHz/24bit Apple lossless 96kHz/24bit USB&ネットワーク "
"PQLS ビットストリーム "
"フルバンドフェイズコントロール(フロントアライン有) "
"SPコンフィグ:12パターン/Bi-AMP: 3パターン"
"オート フェイズコントロール プラス"
"シンプルオーバーレイ 2out
■ ECOモード

 

商品の説明
◆先進の機能と高性能を統合したリファレンスAVアンプ
◆ダイレクトエナジーHD 9ch 250W/ch 、810W(9ch同時駆動時)
◆USB-DAC (192/32 DoP DSDネイティブ再生対応)、DSDダイレクト再生5.6MHz(USB入力)

1,087

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)