NU FORCE AV PRI AVP-18 126.6pz/154.9pz

■ NU FORCE AV PRI AVP-18

NU FORCEのデジタルに特化したAVプリアンプである。
入力はデジタルだけなので注意されたい。
最近は出来の良いAVプリは珍しいので、嬉しい人も多いと思う。

潔いほどにスッキリしたデザインである。
元々、潔いデザインは日本のオハコだと思うのは僕だけだろうか?
とんと見かけなくなって久しい。
性能も素晴らしい。
これから本気でAVもピュア・オーディオもやりたいと考えている人には最適だ。
本当にお薦めだ。

注意:NetAudioPlayerは搭載されていないので何らかのPlayerは必要です。2014/06/30

製品の情報 http://www.nuforce.jp/hometheater/products/avp18.html

総合Ge3値 DSP プリ  
126.6pz 123.9pz 124.6pz ノーマル
128.9pz 125.5pz 127.3pz 要石25
130.3pz 126.6pz 129.2pz 大地6
136.9pz 127.3pz 129.8pz 雲泥
140.3pz 129.3pz 129.9pz テレ・サテン
146.1pz 132.2pz 129.9pz 地球独楽
146.6pz 133.1pz 130.3pz トルネード1
149.2pz 136.3pz 132.2pz トルネード3
151.9pz 139.3pz 133.5pz もあれP+
154.9pz 140.1pz 133.6pz 大黒アゲハ※

デジタル入力に特化したAVプリアンプ

【SPEC】

●対応する主なデジタルフォーマット:PCM(最大192kHz/24bit/7.1ch)、DTS-HDマスターオーディオ、DTS Neo:6、ドルビーTrueHD、ドルビーProロジックIIx、ドルビーProロジックIIIz
●サンプリング周波数/量子化ビット数:44.1、48、88.1、96、176.4、192kHz/16、24bit
●再生周波数帯域:20Hz~20kHz
●全高波歪率:0.05%
●HDMI端子:入力4系統、出力1系統
●入力端子:光デジタル×2、同軸デジタル×2
●出力端子:7.1chプリアウト×1、光デジタル×1
●定格電力:再生時10.01W、アイドリング時9.78W、スタンバイ時0.55W
●外形寸法:430W×80H×340Dmm
●質量:4.6kg。

【商品の仕様

NuForce のAVP-18 オールデジタル・ホームシアタープリアンプ/プロセッサは、熱心なAV エンスージアストに本物の24/192 の デジタルオーディオ・パフォーマンスとHD ビデオの素晴らしい再生を驚くべき価格で提供します。4 系統のHDMI 入力、2 系統の オプティカル(光)入力、2 系統の同軸S/PDIF 入力により、AVP-18 は多くの複雑なシステム構成を簡単にまとめあげます。
●デジタルオーディオフォーマット PCM オーディオ44.1kHz  192kHz DTS-HD マスターオーディオ DTS Neo:6 Dolby TrueHD Dolby Pro Logic lix Dolby Pro Logic liz
・ 四段階の低域設定 ・ 1 チャンネルにつき11 項目のプログラミング可能かつ完全にパラメータ化されたイコライザー ・ スピーカークロスオーバーポイント、スロープ、そしてアラインメントタイプの調整 ・ フロントチャンネルのバイアンプ調整機能
最も純粋であるべきデジタル/アナログ転換(DAC)を最適化するために、AVP-18 はデジタルソースのみを受け入れることにし ました。DAC とそれ以降のアナログ回路はNuForce のハイエンドのオーディオDAC で採用されているいくつかの革新的なテクノ ロジーを搭載しています。さらにAVP-18 は高精度の8 チャンネルアナログボリュームコントロールと高品質のRCA 出力コネク タ、オーディオファイルクラスのアナログ回路を全体的に採用しており、これらはすべてAVP-18 のピュアで明快なサウンドに貢 献しています。 多くのプロセッサとは異なり、HDMI 入力をAVP-18 で切り替えることは滑らか且つ正確です。HDMI 出力と全ての4 系統のHDMI 入力が3-D、CEC、そしてSRC サポートのHDMI1.4 に準拠しています。柔軟性については、AVP-18 はほとんどのテレビからの ARC(Audio Return Channel)入力を受け付けます。実際、AVP-18 はここには書き切れないほど機能満載です。 最初のセットアップをビギナーも簡単に進められると同時に、AVP-18 は要求度の高いオーディオファイルが最も高レベルかつ 高精度のパフォーマンスをカスタマイズするのに必要なコントロール機能を提供します。はじめにデジタルソースを接続し、付属 のキャリブレーションマイクを繋ぎ、オートマルチチャンネルルーム補正ソフトウェアを起動することで、多くの部屋に特有である 音響上のピークディップを調整します。これら全てのセッティングはメモリに格納されるため、最新のHD オーディオやビデオメデ ィアをNuForce らしい正確性、透明度、そして音楽的サウンドでお楽しみいただけます。

 

12,442

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)