AUDIO NIRVANA Super6.5 Alnico 125.3pz

■  AUDIO NIRVANA Super6.5 Alnico

 

 

アルニコのマグネットを搭載したフルレンジのユニットである。
雰囲気を醸し出すような鳴り方をするヨーロッパ勢と比べると明解な音作りだ。
そう言えば機器のスイッチの感触もヨーロッパと米国のは違う。
クルマもヨットも同じ様な違いを
感じる。
そう考えると日本的な感触とは、どのような感じだろうか?
どう彼らは思っているのか面白い

見かけはクラシカルだが、性能は現代的だ。
Ge3チューンの伸びも凄い。

■ コイズミ無線さんで入手可能だ

アメリカにも、「フルレンジ・スピーカー」にこだわっているオーディオ・ファンは数多く、当ショップでも取扱いしている「パイオニア(USA)」だけでなく、「ローサー」や「フォステクス」なども、根強い人気が有ります。この「Audio Nirvana」も、そんな「フルレンジ」スピーカーのひとつです。突き刺さるような「音離れ」の良さと、目の前に浮かびあがる柔らかいボーカルは、ヨーロッパ製のユニットとは、一味違ったサウンドですね。

インピーダンス: 8Ω 
出力: RMS 15W 
周波数レンジ: Fo~18,000 Hz 
fo: 48Hz 
能率:88.2dB 1W/1m 
開口径: 145mm 
重量: 2750g
販売価格ペアーで 74,426円(内税)

■ その他の情報

Alpairシリーズ最大口径のAlpair12がペーパーモデルとして新登場。
米国地域でのベストセラーです。
Alpair12v2Pはその繊細なサウンドで評判になっているAlpair6Pのテクノロジーを継承し、12cmのコーンとボイスコイルを徹底的に軽量化しこのクラスでは他に類を見ない『ディテールを表現する低音』と『繊細な高域』を同時に実現しました。

この新しいコーン設計の最大の挑戦は可能な限りコーン斜度をシャローにしたことです。
■ Ge3値

総合Ge3値 125.3pz
周波数特性 126.3pz
能率 127.2pz
位相特性 128.3pz
インパルス性能 128.3pz
ダイナミックレンジ 128.9pz
音量 125.6pz
フォーカス特性 127.3pz
鬼太鼓座座 129.1pz
ボーカル 127.3pz
バイオリン 127.3pz
ピアノ 129.1pz
ガムラン 129.1pz

■ Ge3チューン後のGe3値

ノーマル 125.3pz
黒アゲハ 129.3pz
ヒグラシ 136.3pz
フレーム補強 139.2pz
けぶたフェルト 143.3pz
もあれ 149.3pz
もあれプラチナ+ 154.4pz
自立柱 153.7pz
超結界機器用 161.3pz
トルネード1 163.4pz
トルネード3 168.8pz
ケブタエッジ エッジ 173.3pz
1,308 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)