Linn KIKO DMS system 123.9pz/149.6pz

■ Linn KIKO DMS system

 

何と言えばいいのかなぁ…
要はフルコンポである。
AMPとSP、Playerがセットになったシステムである。
このセットをポン置きするだけで

オーディオマニアが目指してきた音を超えるレベルの音が出てしまうのだ。
喜こぶべきなのか、泣くべきか、良く判らない製品なのである。

価格は ¥378,000 色は6色ある。

総合Ge3値  
123.9pz ノーマル
129.3pz 要石25
133.3pz 地球独楽
134.9pz テレ・サテン
140.5pz 大地6
144.8pz 雲泥
148.3pz トルネード1
149.6pz トルネード3

サイズ:  
<横置き時>W280 x D270 x H75 mm
<縦置き時>W75 x D270 x H280 mm
重量:2.4kg

消費電力:スタンバイ時15W、最大37W
サポートファイル: FLAC、Apple Lossless、WAV、MP3、WMA(ロスレスを除く)、AIFF、AAC、 OGG
対応サンプリング周波数:
7.35k-192kHz
対応ビット数:16-24bits
ETHERNET:100Base-T RJ45
入力端子:RCA ライン入力、HDMI(3 系統)、同軸デジタル、光デジタル、3.5mm ミニジャックライン
出力端子:HDMI、ヘッドフォン、4 ポールSpeakon スピーカー出力
HDMI:3 入力1 出力 HDMI 1.4 リピーター
ライン入力: SN 比 100dB 以上、チャンネルセパレーション 117dB 以上、再生周波数 2.5Hz-48kHz(+/-3dB)

プリアンプ:ゲインレンジ -73dB~+27dB、ユニティーゲイン0dB=Vol.80
仕上げ:ホワイト、ライトブルー、シルバー、シャンパン、ダークブルー、ブラック

概略
オーディオの固定概念を刷新し、様々なミュージックラバーの要望に完璧にフィットするエレガントなコンパクトシステム(ヘッドユニット+スピーカー)=KIKO。
あらゆるスペースに設置できるスモールサイズを実現し、スタイリッシュな6 つのフィニッシュから選べるKIKO は、「ここに音楽が欲しい!」というシーンに素晴らしいサウンドを連れてきてくれます。
2012 年初頭から続けざまにリリースされたLINN DSMシリーズは、KIKO の登場をもって完成いたします。
昨今家庭内に存在する音楽は、以前からは想像できないほど多様な形態を持つこととなりました。その多くは、世界の圧倒的なインフラである LAN/インターネットによりやり取りされるデジタルデータであり、一方で映像つきコンテンツの主役は、ブルーレイ、Apple TV、Game など HDMI インターフェイスによる音声です。KIKO は、そういった現在の主役となる音源を、いまやネットワークオーディオにおいて突き抜けた存在となったDS テクノロジーがサポートし、スマートデバイス(iPad、iPhone、アンドロイドなど)による夢のような操作を実現します。
そして何といってもその驚きの再生音。比類のない先進の独自テクノロジーを生活空間にふさわしいコンパクトサイズにまとめ、あらゆる音源をLINN クオリティーでよみがえらせます。

541 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)