ウー・ウェンさんの中華鍋。

■北陸アルミ ウー・ウェンの中華鍋

家庭料理研究家として人気のウー・ウェンさんと北陸アルミとのコラボでできた中華鍋。

ベースはアルミのコーティング鍋なので耐久性と火の通り方に問題があるのでは?
と、思っていたが及第点はクリアーしているので大きな問題にはならないだろう。

特徴は、平底の中華鍋とステンレスの蒸し板、スタンド付きドーム型のステンレス蓋の三点セットだと言う事だ。
ハンドル兼用のスタンド付き蓋はドーム型で背の高い器の蒸しモノにも邪魔になることが少なく、
写真のように立てる事も出来るので便利。
鍋蓋があると便利は便利なのだが置き場所に困ることが多いのも事実。
なので自立式なのは非常に有難い。
蓋の汁が垂れないと最高だが、それは望み過ぎというもんだ。次のアイデアを期待したい。 
この一台で「蒸す」、「炒める」、「焼く」、「煮る」、「揚げる」、「茹でる」という、
何とも我儘な望みが叶うという事で最近人気が高いらしい。
個人的には大きい方が使いやすいと思うので28cmがお薦めだ。

 

122.6p 使いやすさのGe3値
120.7p 美味しく作れるGe3値
119.8p 耐久性のGe3値

 

■ウーウェンパンの仕様
サイズ:●本体/内径28cm、深さ8cm、1.14Kg ●蓋/外径30cm、高さ8cm、600g ●蒸し板/外径30.5cm、高さ3cm、450g
材質:本体アルミ鋳造
(内面テフロンプラチナ加工、外面セラミック加工、底部磁性体溶射加工+セラミック加工)、ハンドル天然木、蓋と蒸し板18-8ステンレス

価格は色々あるので、安いところをググって欲しい。


370 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)