アボカドと豆腐のスープ かなめ食堂 その三

かなめさんレシピ第三弾!Ge3値は122.8p!
今回は美肌レシピをリクエストしました♪
ミキサーを引っ張りだしたら一瞬で出来るこのレシピ!
Ge3的ヒートショック美容法と一緒にいかがですか? りこ@Ge3

かなめさんのblogはこちら(^^)r >>> 「0→1らぼ。」

【材料】(四人分)
アボカド一個、豆腐(男前豆腐 3球勝負玉三郎冷奴)120g、
出汁(七福 特選料亭白だし)小匙1、水400cc、
塩(粟国の塩)・砂糖 ひとつまみ、レモン汁少々
梅干をたたいたもの(紀州五代梅)好きなだけ
(以下、お好みで)
すりゴマ、レモン汁、わさび

 

【作り方】
1.材料をぜんぶミキサーに投入→ガーっと混ぜる
2.1を器に注ぎ、たたいた梅干とすりゴマをトッピングしたら完成

(※冷やして食べたほうが、より美味しいと思います。
その場合は、あらかじめすべての材料を冷やしてから作ってください。
出来上がりを冷蔵庫で冷やすと、時間とともに色も味もおちてしまいます。
実は一晩置いてみたら、残念なことになってしまいました(TT)
なるべく早めにお召し上がりください♪)

 

今回はGe3スタッフさんからの、「美肌レシピって作れる?」
の一言から生まれたレシピです。
折りしもGe3さんのHPでは、美肌情報がどんどん公開されています。
体の外から、そして食べることで中からもキレイになれたらいいよね、
と思い、自分のためにも「美肌レシピ作り」、これに挑戦してみました。

 

このレシピに使った倶楽部員の食材は、豆腐と出汁、塩、梅干です。
出汁、塩、梅干は、これまでのレシピ(トマトソースとキャベタマのマヨ和え)
でも使っていますが、今回新顔の男前豆腐さんの豆腐はどれも倶楽部員だそうなので、
買ってきた三連パックのうち、早速ひとつ使ってみました。

 

これ、大正解でした♪
この豆腐は舌触りが滑らかで、ほんのりした甘さも上品、
豆腐くささもほとんどありません。
ふつうに冷奴として食べたい気持ちをぐっと抑えて、アボカド他とシェイクしても、
豆腐くささという変な自己主張がないのに味は濃厚。
それなのに、アボカドのクリーミーな味と喧嘩しない不思議展開。

 

というわけで、このスープを作るにあたり、
男前豆腐さんの活躍はめざましいものがあるのですが、
実はそれ以上に大事な点があります。

それは、作り方2に書いた「梅干」です。
もう本当に「紀州五代梅」さんを使ってください。
できれば心持ち多めに、いや、好きなだけ入れちゃってください。
こちらの梅干を加えることで、このスープがやっと完成形になります。
酸味が少なく、でもはちみつ梅ほど甘くもないこちらの梅干の絶妙な味が、
とっっってもあうんです。
五代梅さんを入れるのと入れないのとでは、味に雲泥の差がでると、
もうはっきり言っちゃいますね( *´艸`)ウフフ♪

 

それからトッピング。
レモン汁やわさびをちょい足しすると、またこれも美味しいんです♪
少量ずつ足していって、自分好みの味を見つけてみてください♪

美肌になりたいけど時間はかけられない、かけたくない。
そんな風に女子はいつもワガママ、というか私がワガママ(笑)
だから簡単で、かつ楽に作れるもの……と考えて、このレシピができました。
アボカド、豆腐、レモンは美肌食材。
しかもこのスープ、しっかりお腹にたまる系なので、食べすぎも抑えてくれます。

 

最後に。
いくら時間をかけたくないワガママさんでも、
ミキサーの出し入れだけはやってくださいね。
お願いしまっす(*>人<)

407 views

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)