Diapason Astera 124.3 pz

■ Diapason Astera

 

    

デイタリアのレコード・エンジニアが作ったメーカがDiapasonである。
設立は1987年だそうだ。
この複雑な形状は反射による付帯音を嫌ってのデザインで、
言ってみればステルスである。
それをイタリアのお家芸ともいえる木工技術により工芸のレベルにまで仕上げた。
良い耳で自信を持って作ったモノらしくコネクリが少ない。
見事だ。

価格 1,036,350円 ペアー スタンド付

サイズ:    280(幅)× 1146(高さ)× 442(奥行き)mm 

重量:    26 kg

124.3 pz 元の絶対Ge3値
126.9 pz オタクGe3値
132.8 pz もあれ
138.9 pz トルネード3
142.5 pz 大地
148.4 pz 要石25を使うと
129.4 pz 鬼太鼓座Ge3値 ※
  ※あくまで上基準です。

※ 鬼太鼓座が鳴るかどうかのGe3値

    
■ ホームページより

イタリアDiapason社の主宰者でありデザイナーでもある「アレッサンドロ・スキアービ」が長年に渡るプロフェッショナルレコーディングスタジオでの豊富な経験を生かしたライブミュージックのような臨場感溢れるサウンドステージの再現と、そしてまた同時にエレガントなモダン・イタリアンアートとしての美しいデザイン性の両立を目指し、リファインを続けてきた印象的な「ダイアモンド」シェイプ。

まるでエキゾチックなイタリアンスーパーカーの如く、丸みと切り立った断面が同居し、そしてそれが破綻なく統一された立体造形は、まぎれもなく美と興奮の国、イタリアならではの芸術性が遺憾なく発揮されています。
そして同時に得たスピーカーとしての高い音楽再生能力。
この印象的な機能美を持つダイアモンドシェイプを最も洗練させたモデルがDiapason「Astera/アステラ」です。

ウォールナットの無垢材を熟練クラフトマンがヴァイオリン製作とほぼ同じ技法で複雑に組み上げた「Astera/アステラ」の多面ダイヤモンド形状は、スピーカーから波紋が拡がるような放射状に音が放出され、この結果理論上の理想に近いポイント・ソース・ラジエーション(リスナーの聴く位置に関わらず、自然な音楽の響きを伝える技術)を可能としました。

これは眼前に拡がるライブステージからスピーカー自体の存在を消し、リスナーにセンセーショナルな音楽のディテールとリアルなアーティストのタッチニュアンスを伝えてくれることでしょう。

 同様な多面的な構造はキャビネットの内部にまで及んでおり、形状や厚みの違うウッドを効果的に配置し、内部音響反射を積極的にコントロールすることでキャビネットの不要な共振を排除しています。  

ドライブユニット、クロスオーバー、ターミナル、またその他パーツ類の選択は妥協することなく行われ、Diapasonの厳しいスペックのリクエストに応えることの出来るベストメーカーを厳選し、最高級のコンポーネントで構成しました。 
Diapasonで使用されているスピーカーのドライブユニットとクロスオーバーは、先進的なリサーチの結果、それぞれが最高のパフォーマンスとステレオバランスを確保するために1%以内の許容誤差というテスト結果が得られています。

ツィーターはHexadymマグネットを使用し、ダブルダンピングとヴェンチレーションを持つ29mmのソフトドームユニットです。 ウーファーは金属製シャーシを蒸着成形したセンタードームと、Nextelコーティングを施したペーパーコーンを持っています。 クロスオーバーは、Van Den Hul社製無酸素銅とシルバーケーブルをハンドワイヤリングで施し、最高のサーキットボードに悪影響を与えないように配慮された方法で配線されています。 

「Astera/アステラ」専用の「4/U」スタンドは、異種のマテリアルを独自の工法で組み上げるレゾナンス-ダンピングシステムが採用されています。重量配分を考慮したマッシブなデザインは、特に低音域のナチュラルな表現力を向上させます。

「Astera/アステラ」の描き出す音楽のスペクトルは、楽器やヴォーカルの奏でるナチュラルな透明性と精緻なディテールを照らしだし、また調律の整ったハイトップの美しい空間表現は、レコーディングされた時の音楽のライブフィーリングを鮮やかに蘇らせます。
ヴォーカルや楽器の放つインパクト/アタックをダイナミックに、そして立ち上がり速く発音し、楽器間のコントラストや分離感をフォーカスやハーモニーの統一感を失うこと無く鮮やかに響き渡らせます。

かつてローマ時代には地中海を支配し、ルネッサンス時代には世界の富を独占したイタリア。
ローマ、ミラノ、フィレンツェ等々、街そのものが美と官能あふれる芸術品であり、あらゆる美の様式を享受出来る国、イタリア。
そんな風土で鍛え上げられたイタリア人の感性「美と興奮」を形にしたスピーカーがDiapason「Astera/アステラ」です。
その匠の技が宿る優美な気品あるデザインと、まさにライブミュージックのような官能的な音楽の興奮を貴方のライフスタイルに取り込めば、芸術の国イタリアで生まれたDiapasonの伊達なエッセンスの虜になることでしょう。

Specifications:

●周波数特性: 38/20,000Hz
●ウーファー: 180mm Nextelコーティングペーパーコーン
●ツィーター: 29mm シルク・ソフトドーム
●能率: 88dB/W/m
●クロスオーバー: 1,600Hz​
●インピーダンス: 8Ω
●タイプ: リアポート リフレックススピーカー
●フィニッシュ: ウォルナット無垢
●重量(1本): 13kg
●スタンド重量(1本): 26kg
●サイズ: W260 x D442 x H380mm
●サイズ(スタンド含む): W280 x D442 x H1146mm
●コネクター: WBT Nextgen ピュアコッパーターミナル
●ワイヤリング: Van Den Hul 無酸素コッパー&シルバー

標準販売価格: ¥1,20,000(税込¥1,260,000)(ペア/専用スタンド付)
    ¥900,000(税込¥945,000)   (ペア/スタンド別途)

914

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)