Accordo FRANCO SERBLIN 逝く 123.5 pz

■ FRANCO SERBLIN Accordo

 故 FRANCO SERBLIN氏

 

 

イタリアきってのスピーカの開発者のFRANCO SERBLINがソナスファーベルの次に
新しく立ち上げた会社が
FRANCO SERBLINだ。
そのFRANCO氏の訃報を数週間前に知った。

このSPは彼の遺作になってしまった。

このSPにはすこし思いれがある。
関東のユーザさんがFRANCO氏の大ファーンで発表早々に予約したと嬉しそうな話をしてくれたからだ。
予定通り購入されたSPは予想以上の素晴らしい音を奏でてくれたたとの吉報も頂けた。

その素晴らしいSPのGe3チューンが始まる訳だが、
その美しさ故に内部はもちろん外部にも跡が残る可能性のあるチューンは躊躇われた。
主にそばに置くだけのチューンを行なった。
そこから生まれたのが「超結界機器用のトルネード貼り」
なのである。

FRANCO氏のセンスの良さはKRELLのLAT1000にも影響を与えた。
見れば判るデザインをKRELLに提供したのだ。
突出した天才たちのコラボだとも言える訳だが、その一人の遺作がこれである。

価格 1,260,000円 ペアー
サイズ:    190(幅)× 1100(高さ)× 360(奥行き)mm 

重量:     18kg

123.5 pz 元の絶対Ge3値
126.9 pz オタクGe3値
129.9 pz もあれ
132.6 pz トルネード1 2段
136.7 pz トルネード3
138.8 pz 大地+礎
139.8 pz 「雲泥」に替えると
141.3 pz 要石25を使うと
127.9 pz 鬼太鼓座Ge3値 ※
  ※あくまで上の感性基準です。

※ 鬼太鼓座が鳴るかどうかのGe3値

 

730

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*マークのフィールドは必須です。

*

CAPTCHA


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)